不用品回収をする前に知りたい基本情報を公開

不用品も各ジャンルに分けられる

同じ不用品でも、一般廃棄物と産業廃棄物の二点に分かれます。違いをわかりやすく比較したので不用品回収業者を利用する時の足しにしましょう。

一般廃棄物と産業廃棄物の違い

一般的に言われる廃棄物の種類

家庭で出るごみなどは、廃棄物の一つでしょう。ほとんどが自治体にて無料で回収されます。業者を特定しない場合は、廃アルカリ、プラスチック類、コンクリートなどが当てはまります。

産業廃棄物といわれるもの

企業、もしくは製品を作る工場が出す不用品を指します。種類も限られており、自転車や電化製品から出る金属などがそうです。さらに牛や豚が排出した糞なども産業廃棄物に該当します。

不用品回収をする前に知りたい基本情報を公開

家具

不用品回収業者で回収できるもの

家電といったリサイクル可能なものが多いでしょう。この場合、エアコンやテレビ、洗濯機などですね。また、パソコンやディスプレイなんかも、不用品回収業者が回収してくれます。

ゴミ

回収ができないもの

逆に、不用品回収ができないのは自動車やオートバイなどの乗り物、ピアノや耐火用の金庫、消火器なんかもNGです。なんでも回収してくれそうですが、京都だけでなく他の地域にある回収業者でもこれらの引き取りは行っていない場合がほとんどです。

サイトで情報集めをしよう

不用品回収をしてほしい時は、業者のサイトにお邪魔をしてどんなものを回収するのかしっかり調べましょう。もし回収できるかきわどいものがあれば、業者へ即相談をしてくださいね。